ギャンブルにハマる大学生活

多いんです!ギャンブルにはまる大学生

結婚して住宅ローンの返済に追われるという状態なら、頑張って!!といいたくなりますが、大学生という立場でギャンブルによる借金で困っているという人には、頑張ってなんて決して言えません。

パチンコが止められなくて仕送りを全部使ってしまった・・・借金に手を出してもうどうしようもない状態なんていう学生も多いんです。
すでにパチンコをやめる事が出来なくなっているという状態は、パチンコ依存症かもしれません。

パチンコ依存症は多い

じつはパチンコ依存症になっている人は多く、学生にも主婦にもサラリーマンにも多いのです。
パチンコ依存症は、依存症の一種でパチンコなどのギャンブルによって得られる精神的高揚が忘れられるとらわれた状態になってしまい、自分の意思で止める事ができなくなる状態をいいます。

これがひどくなるとパチンコの事ばかり考えて生活できなくなりますが、それでも借金をしてパチンコをやめようとしないのです。

パチンコ依存症の怖さはこういうところ

パチンコ依存症になるとしてはいけないという事をわかっているのにパチンコが止められず、ヤミ金で借金するというところまで行ってしまいます。
学生にとって、1万円は大きなものだと思うのですが、パチンコで金銭感覚がマヒしてしまい、ダダの紙切れくらいの価値にしか感じなくなってしまいます。

依存症になると、どの依存症でも人との約束を破る、ウソをつくという事が平気になります。
仕事の中での約束も、プライベートの約束も破りパチンコを優先するようになります。
パチンコが止められないという事を知られたくないので結局、依存症になるのです。

こうなると信頼が無くなります。
パチンコなどを行う人は雇用しないという会社も多いので、家庭を持つこともできない、将来が見えないという状態になり、最悪の場合ですが、自殺という事もあります。
勉強、仕事、何もかもができなくなり、借金を背負い自殺、という事も考えらえれます。

依存症を直そう

パチンコ依存症を直すためには、自分がパチンコ依存症だという事をしっかりと自覚する事が大切です。
さらに、2度としないという強い決意を持つことです。
お金がないときはやらないという事ではなく、絶対にしないという強い決意を持たなくてはなりません。

依存症は全部たつ、という気持ちを持っていないと、結局戻ってしまいます。
客観的に自分がパチンコに必死になっている姿を想像してみましょう。

決意は紙に残します。
パチンコをやらなくなった場合とパチンコをやり続けた自分を想像して、その将来を神に書いておくのです。
ずっとパチンコをやめる事が出来ないと、貯金がなく、生活がきつく借金まみれという想像が簡単にできます。

このほか、パチンコに関係する情報を全部削除、またそれ以降、見ないという事も必須です。