聞き上手になろう

聞き上手な子ってうらやましい

一緒にいる中まで合コンなどに行くと、やたらとモテる子がいる、そういう子を見ていると、聞き上手という事がわかります。
私もこの子みたいに、人の話をしっかり聞いてあげる事が出来たらモテるようになる?なんて考えますが、聞き上手になるためには何が必要なのでしょう。

どの世界でも聞き上手な子は人気があります。
男性も、何かの悩みを聞いてくれたり、いつも親身になってくれる人は、聞き上手です。
では、聞き上手になるためにはどのようなことが必要なのでしょうか。

聞き上手はうなづく、相手の顔を見て話す

聞き上手な人は、相手の話を聞きながらしっかりうんうんとうなづき、話を聞いているよという姿勢を崩しません。
相手の顔をよく見て、時折目を合わせるくらいの見方をしているので、相手にとっても負担になりまません。

話をしている相手と目があうというとき、話をしている方は、聞いてくれているんだなという事をしっかりと感じるのです。

笑顔で聞く、質問を返す

難しい顔をして聞かずにほんのり笑顔で聞いています。
あなたの話を聞いているととても楽しい、うれしいという感情をしっかりと笑顔によって出しているのです。
ニコニコしている方の周りには、男性も女性も、とにかく人が集まります。

また、あなたはこういうのどう思う?と聞かれた時、「○○さんはどんなふうに思っているの?」と質問を返すことができるのも聞き上手の証拠です。
この事から、こちらの意見を言って終わりではなく、会話ががぐっと広がるのです。
相手の方もこれで話がしやすくなります。

聞き上手は否定しない

こうだと思って話をしているのに、「それは違うんじゃないの?」とか、「それは間違ってるよ」と否定さえると人は自信が無くなり話をすることを止めてしまいます。
この人、否定ばかりして人の話を聞いてくれない人と思われます。

相手は同調してもらえるという期待を持って話をしているのですから、違う、おかしいという否定的な意見は言わないことが聞き上手の鉄則です。
また、話の途中で、でも、だってという言葉を使うのも会話が上手くない証拠、人に嫌な印象を与える会話となってしまいます。

相手の話方に合わせよう

相手の方が低めのトーンで話をしている時には、こちらも少し低めのトーンで、相手が高めのトーンで話をしている時には、こちらも浮かれた気持ちを出して高めトーンで、こうして、話をしている人と気持ちを合わせて話をしようという態度を持っていると、聞き上手になれます。

無理することはありませんが、こういう感じで話をしたいんだな・・・と相手の気持ちを考えてあげる事ができると聞き上手になれるでしょう。
一番は、相手の気持ちを考慮し、相手の話を聞こうという態度を持って話をすることが大切です。